SNH48と共同で世界初のPAI/ヒューマンミュージックビデオを制作

パーソナルAIの会社は中国人気アイドルグループのために
話し、踊り、そして歌うデジタル双子を作成

米カリフォルニア州パサデナ(2019年1月4日 ) – デジタル空間でのコミュニケーションに革命を起こすパーソナルアーティフィシャルインテリジェンス技術(PAI)を開発している人工知能(AI)専門会社のObEN Incは、ObENのパーソナル人工知能(PAI)技術を使用して作成された最初の人間とセレブのAIの共同ミュージックビデオの初演を発表した。 ビデオの初演は今https://www.youtube.com/watch?v=Ja4RsRuSFxAで見られる。

ビデオは中国のアイドルガールグループSNH48の毎年恒例のホリデイアルバムのシングル「Now and Forever(此刻到永遠)」のために制作されたもので、PAIが一緒に登場するPAIとアイドルとの共同作業です。 ObENはグループで一番人気のある6人の主要メンバーのために3Dアバターを作成。AI技術を使用してバーチャルPAIの女の子のグループを作成し、グループメンバーの外観と音を生成しました。ミュージックビデオでアバターは彼女たちと並んで演奏したり、踊ったりするなど、現実のグループメンバーとのデュエットを特徴としている。世界中のファンは、この新しいAIガールグループの才能、カリスマ、そして魅力を体験することができる。

SNH48グループ担当副社長のXiong Taoは、次のように述べている。

「SNH48は、常に世界中のファンに最もエキサイティングで親密で新鮮な体験を提供する方法を模索しています。 デジタルスターは、ファンが自分のお気に入りのアイドルと自分のスマホやスマートデバイスで今すぐ、直接つながることのできる新しい方法になると信じています。このミュージックビデオは、人間とAI技術が協力して、すべてのファンに喜びを提供できる新しいコンテンツを作成することを示しています。」

各グループメンバーのアバターは、ObEN独自のフルスタックAI技術を使用して作成されました。最先端のスピーチ、コンピュータビジョン、そして自然言語処理の研究を組み合わせることで、ObENは、見た目、声、そしてユーザーのように行動することができるように学習する、パーソナライズされたインテリジェントな3Dアバターを作成することが可能。 ObENの一連のAI製品により、これらのパーソナルAI(PAI)は、会社の音声合成および音声変換技術を使用して、作成者の声で歌うことができるだけでなく、複数の言語で話すこともできる。

ObENのCEO、Nikhil Jain氏は、次のように述べている。

「作成プロセスが他のどのマーケットよりも速いだけでなく、SNH48のメンバーは没入型のインタラクティブな新しいメディアを介してファンとつながることができます。 PAIはSNH48のファンの方々に新しいタイプのコンテンツを提供します – それは、人と機械をユニークなエンターテインメント体験として融合させるものです。」

SNH48がセレブとのコラボレーションとしてObENと一緒に働いたのは今回が2回目です。今年の初め、上海で開かれた世界人工知能・カンファレンスで、ObENはSNH48のメンバー、AijiaのPAIをデビューさせました。カンファレンスに参加された方々は自分のPAIを作成し、それを歌手のPAIに合わせて一緒に踊らる経験。 SNH48に加えてObENは、SMエンターテインメント、SoftBank、Tencent、K11などの世界的な大手企業とも協力して、PAI技術を小売、モバイル、エンターテインメントのさまざまな業界に取り入れています。最近、アジアで最も人気なリアリティ番組、「My Future」でまた一人のセレブのPAIが紹介され、PAIの持ち主である人間と会話する技術を公開した。

0

TwitterでIDOLPEDIAをフォロー!

おすすめの記事
BiSH、熱狂の過去最大規模ワンマン公演!!アリーナクラスでのスタンディング、ストリングス隊含むバンド編成、センターステージ、山田健人(yahyel)による映像演出等、新機軸盛り沢山!! 4月より全国14箇所21公演のライブハウスツアーも決定!!
ニュース
BiSH、熱狂の過去最大規模ワンマン公演!!アリーナクラスでのスタンディング、ストリングス隊含むバンド編成、センターステージ、山田健人(yahyel)による映像演出等、新機軸盛り沢山!! 4月より全国14箇所21公演のライブハウスツアーも決定!!
2018年は、初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得、全国大型フェスへの出演ラッシュ、ソフトバンクのPRキャラクター起用、7000人を集...